駅家コウジのお絵描きブログ
<
スポンサーサイト
-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
さよならひとめもり
2005-10-31 09:05
さよならひとめもり

ラフに着色2弾
これも高校の時にストーリーを考えてからずっとあたためている話。
瀬戸内海が舞台の海洋物で主人公は海洋生物研究所の助手として
登場します。研究所の所長が後ろのおっさん(ちょっとセクハラおやじ)でいつも主人公の女の子にどつかれています。
ある日、巨大で今まで見たこともない生物が頻繁に海で目撃される事件がおこります。漁協の依頼で調査に乗り出しますが、10メートルもあろうかと思われるその謎の海洋生物は・・・といったストーリー
女の子の青い服はウエットスーツ、下に着ているのは白のワンピース水着、それにジーンズをはいているのがいつもの格好(いつでも海に入れるような格好で働いている)
バイクで瀬戸内海沿岸のいろいろなところを撮影し、作画用資料を作ったのが懐かしいです。
しかし、いまでもこの話が自分の中の原点といえる5作品のひとつであり、世に出すタイミングをみはからっている今なお生きた企画のひとつです。(将来は映画化が夢)
スポンサーサイト
別窓 | イラスト | コメント:2 | top↑
<<青い空 | ペンだこ | ダークナース>>
コメント
私も
若いときに浮かんだヘイジ達の活躍を描き尽くしてないからまだやってるんだろうなぁ…
ちっともお金になってないけど。作品を作り上げる。人に見てもらうというのは、他のモノとはちょっと違う喜びがありますね。出来るのなら多くの人に見てもらいと思うもの。
お互い近いうちに実現させてみたいものです。
2005-11-01 20:57 URL | 又吉 #5KTh30no[ 内容変更] | top↑

ですね。
昔とちがっていろいろな方法が考えられる今、
可能性は広がります。
そういう意味ではいい時代になってきたんだなと思います。
新海誠さんのように、一人で商業レベルアニメーションも作れるし、それを宣伝できたという実例もあります。
その反面、作品があふれ、レベルがないと埋もれてしまうという厳しさも増しましたが。
2005-11-01 21:50 URL | 駅家 #-[ 内容変更] | top↑

コメントの投稿














管理者だけに閲覧

| ペンだこ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。